予約変更をしないと決めて予約購入をしたエアドゥの格安航空券

格安航空券を探していて候補になったのがエアドゥのものでした。大幅な割引が適用できる運賃のチケットが手に入る状況だったからですが、予約変更はできない形になっていました。少し悩むことにはなりましたが、価格の魅力に駆られてその時点で予約して正解でした。

エアドゥが提供するお得な割引運賃の魅力と予約変更に関する規定

エアドゥの予約をしようと検討をしたのは格安航空券を探していて候補になったからでした。家族旅行を予定していたので五人分の席をまとめて取ることができるというのが最低条件でしたが、探し始めたのが早かったので候補はいくつもありました。価格で比較してみると座席指定をするという条件で比べたらエアドゥが最安値になったのです。ただ、このときに気にかかったのがお得な割引運賃に適用されている予約変更に関する規定でした。75日前までの予約で利用できる運賃の適用を考えていましたが、その時点から予約変更ができない規定になっていたのです。ただ、それと引き換えに安くなるというものだと考えれば合理的だったので悩みました。

予約変更をしないという前提にして選んだ最安の予約タイミング

結局このときに私が選んだのはすぐにその場で予約するというものでした。今を逃してしまうとチケットが売り切れてしまって最安のタイミングを逃してしまう可能性があるのは明らかだったからです。その時が大体80日前だったので、たとえ売り切れてしまわなくても数日のうちに次善の運賃になってしまうとわかっていました。予約変更のリスクがあるかだけが問題でしたが、祝日になっている金曜日発で土日に旅行して帰ってくる予定になっていたので急用が生じない限りは大丈夫だと決め込んで予約したのです。結果的には特に急用が生まれることもなく、その旅程で問題なくエアドゥで旅行に行くことができたので思い切った決断をして良かったと思います。

予定が変わる可能性があったときに選んだお得な利用方法とは

このときにエアドゥを予約したときには何となくであるとはいえ予定変更がないだろうという予測が立てられたので予約を決断できましたが、次に予約を取ろうとしたときには躊躇しました。夫の仕事の都合でもしかすると休みが取れないかもしれないという懸念があったのです。二ヶ月半も前の時点では正確なことが言えないということから、予約変更のできないプランでの予約は諦めました。このときには二つの候補を考えましたが、28日前までの割引運賃で予約変更不可のものを選んだのが結論です。もう一つ考えていたのは夫だけ普通運賃で予約しておくというものでしたが、一緒に行けないよりは予定が確定してから最大の割引運賃のものを選ぶのが合理的で家族全員が満足できると考えました。この判断を下お陰で少し費用は余計にかかったものの、家族全員で満足できる旅行ができたのです。

Follow me!