エアドゥが遅延、欠航した場合の予約変更や払い戻しは?

旅人

飛行機が欠航!?そうなった場合の払い戻しはできる?

エアドゥが遅延、欠航した場合の予約変更や払い戻しについて紹介しましょう。

悪天候などにより遅延、欠航が発生した場合、どうするかについては2つのケースに分かれるでしょう。
一つは後続の便への振り替えつまり予約変更を希望するケース、

もう一つは旅行そのものを取りやめるケースです。
それぞれのケースについて説明します。

まず、後続便への振り替えを希望する場合ですが、希望する便を予約してください。
予約はインターネットや予約センター、もちろん空港カウンターでも行えます。

後続便とはその日のうちである必要はありません。
変更ができない航空券であっても、30日以内であればどの便にでも振り替えることが可能です。
なお、変更可能な航空券で、有効期間が30日よりも長い場合は、その期間内であればもちろん振り替えが可能です。

手数料は一切かかりません。
変更後の運賃のほうが高い場合でも差額は不要ですし、逆に、変更可能な航空券を持っていて変更後の運賃のほうが安い場合は差額は払い戻されます。

払い戻しは購入した場所で可能

一方、払い戻しを希望する場合は10日以内に手続きをする必要があります。
基本的には購入した場所で払い戻し手続きが行えます。
例えばインターネットで購入した航空券であればインターネットで払い戻し手続きが行えますし、予約センターで購入した航空券であれば予約センターで払い戻し手続きが行えます。
空港カウンターでは全ての手続きを受け付けていますが、旅行会社で購入した場合だけは空港カウンターでは手続きはできず、その旅行会社で行う必要があります。
ツアー旅行の場合はツアーコンダクターに確認するのがよいでしょう。
払い戻しの場合も手数料は一切かからず、購入時の全額が払い戻されます。

なお、悪天候などエアドゥの責任によらない遅延や欠航の場合は上記の取り扱いですが、例えば機材の整備不良など、自分の責任による遅延や欠航の場合は、上の対応に加えて以下の対応もあります。
それは、他社便への振り替えです。
満席などの理由でエアドゥ便に振り替えができないときも、他社便へ振り替える手続きを取ってくれます。
もちろん差額や手数料などは一切かかりません。

さらに、他社便も含めて振り替えを用意しても、当日中に目的地に到着できないときは、ホテルなどへの宿泊代を負担してくれます。
また、たとえ当日中に目的の空港まで到着できたとしても、遅延が発生したために最終目的地までの公共交通機関がなくなってしまったような場合には、例えばタクシー代の実費を負担してくれる取り扱いもあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*