エアドゥで早期割引を使ったときに予約変更をしたときの手順

仕事の都合でフライトに乗れないとわかってまず行った問い合わせ

早期割引を使ってお得にエアドゥのフライトを予約していたのですが、仕事の都合でどうしてもそのフライトには乗れなくなってしまいました。もともと予約変更をするつもりはなかったので、予約変更不可となっている早期割引を適用したものの、想定外のことが起こってしまったのです。とりあえずはどうしたら良いかがわからず、エアドゥの予約・案内センターに電話をしてどうしたら良いかを問い合わせてみました。確認番号を伝えると予約変更ができないチケットなので、キャンセルして新しいフライトの予約を取る必要があるというのが回答でした。とりあえずそれで対応の仕方がわかったのでお礼を言い、おもむろに旅行計画を立て直して手続きを進めました。

新しいフライトを別途に予約してから払い戻しの手続きを実行

私が予約変更をすると決めたときに手続きを行った手順は新しいフライトを別途に予約し、それから払い戻しの手続きをするという順番でした。エアドゥの規定を見てみたら時期によらずにキャンセルにかかる手続きの仕方もかかる費用も同じだったからです。それよりは価格が動いてしまう可能性がある新しいフライトのチケットを用意することにしました。すぐにエアドゥのホームページで空いているフライトを確認し、自分の都合が合う日時のフライトを予約してひとまず安心しました。まだ割引率がやや低いとはいっても早期割引を使えたのでそれほどフライト料金が高くなることはなく、普通運賃で乗るよりもずっと良いと思うことが可能でした。

予め安い料金のフライトを選んであったからこそ手数料も低い

続いてエアドゥの方に連絡して払い戻し手続きを行いました。インターネットで行うこともできたのですが、手続きを間違えるのが心配だったので予約・案内センターに電話をかけて払い戻しを依頼したところ、スムーズに手続きは終わったので安心したことを覚えています。確認番号を伝えてキャンセルしたいと伝えたら払い戻しに二つの手数料がかかると言われ、納得していることを言うと後日クレジットカードの口座に返金されると教えてくれました。予約変更には費用が必要になったものの、その金額は払戻手数料が430円、取消手数料がチケット代の40%でした。もともと普通運賃の半額以下で買ったチケットだったので手数料も少なくて良かったと思っています。

Follow me!