旅行会社での予約時に旅行保険に加入しておいて良かった

旅行の保険をもっと知ろう

友人と二人でオーストラリアに行きました。今回は旅行会社に旅行予約申し込んだのですが、その時に旅行保険の加入を勧められたのです。私は飛行機に乗る機会が少ないので、旅行で保険があることは知りませんでした。友人もあまり保険のことを知らない雰囲気で、正直入るか悩みました。私たちはまだ学生の身分なので、払い続ける自信がなかったからです。

ですが、旅行会社の方からいろいろな説明をしてもらいました。旅行保険では病気やけがだけではなく、窃盗や家を空けている間の犯罪なども負担してくれるみたいです。
私は実家暮らしなので窃盗の心配はなくても、友人は一人暮らしなので少し気になりますね。ちなみに今回は約1週間の旅行となっています。
不慣れの現地での治安、そしてその間に飽きっぱなしの家に不安はあります。予備としてもあった方が良いと思い、旅行会社を通して保険会社との契約を結びました。
最初はいらないかもと思いましたが、契約したらしたで安心感があります。

現地での観光

旅行先の現地では日本人ガイドさんが付きます。オーストラリアに在住のガイドさんらしく、いろいろな観光スポットに案内してもらいました。英語が不慣れなので、いろいろ対応してもらえたのも良かったです。
グレートバリアリーフではリゾート気分を味わったのも楽しかったのですが、私はコアラを抱っこできたのが一番の思い出です。おとなしくてとても可愛かったです。
ちなみに、抱っこできるのは州によって違うということも初めて知りました。あと、以外にワイナリーは多いですね。今まであまりイメージなかったのですが、ワインも美味しかったです。

保険会社へすぐに連絡を

楽しい旅行だったのですが、後半に差しかかって私は急にお腹が痛み、そして嘔吐に見舞われました。友人がガイドさんから指示を受け、保険会社に連絡し、そこから病院を手配してもらいました。すぐに予約した病院に行くと、食中毒による軽い胃腸炎という診断。自分だけあたってしまったみたいです。お薬をもらい、診察料と薬をもらってホテルへ帰宅し、この日は安静でした。軽い胃腸炎だったので病状はすぐに回復したのですが、帰国日まで観光はお預けで、友人とゆっくり過ごしました。

もっと楽しみたかったけど、いろいろな話ができて、もっと仲良しになれた気がします。
帰国後は診断書と保険金の申請書、そして領収書を保険会社に送ります。そして、約2週間後に現地で支払った金額と、交通費を含めたお金が振り込まれていたのです。
交通費はわずかな金額だったのですが、今となれば保険に入って良かったと思っています。