エアドゥでの予約変更について

pchix004

エアドゥの予約変更

エアドゥでの予約変更ですが、まず、航空券には多くの運賃種別、割引種別がありますが、予約の変更に関しては大きく分けて2種類あることを知っておいてください。一つは、予約の変更が可能な航空券です。もう一つは、予約の変更が不可能な航空券です。それぞれについて説明していきましょう。

予約の変更が可能な航空券とは、片道運賃、往復運賃のほか、北海道への往復運賃や道民割引などが該当します。これらの航空券は有効期限が航空券の発券から90日間となっており、そのあいだであれば自由に予約の変更ができます。手数料はかかりませんが、当然ながら予約した便の出発時刻までであることとなります。出発時刻を過ぎてしまってから変更する場合は6000円の手数料がかかります。

どこで予約変更すればよいのか

実際の変更手続きは、インターネット、空港カウンター、エアドゥの予約センターで行えます。なお、変更できるのはあくまでも同一区間の便に限ります。別の区間に変更するようなことはできません。

一方で、予約の変更が不可能な航空券とは、AIRDOスペシャルと呼ばれる早割運賃などが該当します。このような航空券は、早めに予約、発券することを条件として安くできている面がありますから、予約の変更はできない仕組みになっています。出発当日に空港にて、同じ区間ですこしでも早くいける便に空席がある場合でも変更はできません。航空券に記載されたその便にしか乗れないのです。

もし、AIRDOスペシャルの航空券をどうしても変更したい、あるいはそもそも旅行の予定がキャンセルになってしまった、というような場合は、払い戻しをするしかありません。払い戻しの手続きについては、上に記載した予約変更の手続きとはまた別のルールがありますから、それを次に説明しましょう。

払い戻しは可能?

予約の変更が可能な運賃について払い戻しをする場合は、払い戻し手数料430円をマイナスしたお金が払い戻されます。ただし、予約をしていた便の出発時刻までに払い戻しときだけす。出発時刻を過ぎてしまったときは変更の場合と同じく6000円の手数料が別に必要です。

予約の変更が不可能な運賃について払い戻しをする場合は、払い戻し手数料430円に加えて、予約便の出発時刻までであれば購入した航空券の約40%に相当する手数料がかかります。もし出発時刻を過ぎてしまったときは100%の手数料がかかりますから、つまりはただの紙切れになってしまうということです。


エアドゥの予約変更をする際の注意点

航空券の運賃タイプについて

エアドゥが販売している航空券の運賃には、大幅に割引になったりしていろいろなタイプがあります。しかし、仕事や旅行などの日程が変更になった際には航空券も予約変更をする必要がありますが、気を付けたいとことして航空券の運賃タイプの中には変更ができないものがあります。

例えば、エアドゥの運賃タイプには片道や往復などの普通運賃や北海道民や北海道の企業が方などが利用できる道民割引などがあります。運賃タイプの中でも片道や往復運賃、道民割引などは仕事や旅行などの日程が変更になった際、生じた差額などを支払う必要がありますが、別の路線に予約をかえることできます。しかし、運賃タイプの中には、早めに予約をとることで割引運賃になる早割プランなどお得なものがあります。

早割プランを利用する

早割プランは予約する日にちによって運賃がそれぞれ違います。そのため、すでに日取りがわかっている方などは早割プランを予約することで比較的お得に飛行機を利用することができます。そして、早割プランのほかにも、急な仕事で飛行機を利用したいなど例え出発する日時が迫っていても、お得に予約することができる運賃タイプがあります。しかし、片道や往復などの運賃プランは変更が可能ですが、早割プランなどのお得な運賃タイプの中には変更不可なものがありますし、変更不可の運賃プランでは変更したくてもすることはできません。

そして、どうしても変更しなければいけない時には、払い戻しをしてから新しく航空券を予約し直す必要がありますし、払い戻しする際には手数料を支払う必要があります。そのため、早くに日程が決まって確実に利用する方や急に飛行機を利用したい方でほかの日程に変更する可能性があまりないという方などは早割プランなどを予約することでお得に飛行機を利用することができます。

注意点をしっかりと把握しよう

しかし、注意点として飛行機は利用したいけれど日程などがまだ確定していない方など日程を変更する可能性があるという方などが変更不可の運賃タイプを予約してしまうと、変更する際に払い戻ししなければいけなくなったり、とりけしをしなければいけないこともあります。

そのため、エアドゥで予約する際には料金だけをみて安易に予約してしまうのではなく、運賃タイプが予約変更が可能か不可能かなどを確認しておくことが必要です。まだ日程がまだ確定していない方やもしかしたら日程を変更する可能性があるという方は変更可能な運賃タイプを予約しておくことが安心です。


特典航空券の予約変更について

DOマイルって知ってる?

エアドゥではDOマイルという一種のマイレージサービスを実施しており、貯まったマイレージに応じて特典航空券と引き換えることができます。ただし、一般的なマイレージサービスとはちょっと異なって、フライトの距離に応じて貯まるのではなく購入した航空券の値段に応じて貯まるのが基本で、100円につき1ポイントになります。それに加えて、ボーナスpointとして同一の年度で6回搭乗するごとに100ポイントが貯まるようになっています。ボーナスポイントについては上限があり、500ポイントまでです。

有効期限については、最終搭乗日から2年間となっていますから、最低2年に1回搭乗すれば期限切れにはならないということです。貯まったマイルはエアドゥの特典航空券に引き換えることができます。必要なポイント数は路線や繁忙期、閑散期などシーズンによって異なりますが、片道1500ポイント前後から交換できるようになっています。

DOマイルって知ってる?

この特典航空券ですが、予約変更が可能です。その意味では、予約の変更が不可能なAIRDOスペシャルと呼ばれるいわゆる早割よりは使いやすい航空券であることは間違いありません。変更が可能なのは予約をしてから90日以内ですが、特典航空券の引き換えに使用したpointの有効期限がそれよりも短い場合はその日までになります。なお、変更できるのは同一区間の便に限ります。この特典航空券はマイレージサービス本人だけでなく誰でも使えるものの、搭乗者名義の変更はできませんし、同一区間以外の便への変更はできません。同一区間というのは方向も含みますから、もとの航空券と逆区間への変更も不可能です。

変更する場合は、既に予約をした便の出発日の前日か、あるいはこれから変更しようとする出発日の前日か、いずれか早いほうの日までにウェブサイト上から変更を行います。例えば、10/15の予約便を10/20の便に変更したい場合は10/14までに、10/15の予約便を10/10の便に変更したい場合は10/9までに予約変更手続きをする必要があるわけです。必要ポイント数に差額が生じる場合は調整されます。つまり、追加ポイントが必要な場合はポイントが減額されますし、逆の場合はポイントが返却されます。

なお、搭乗当日空港にて、予約した便の同一区間で、より早い便に席に空きがある場合は変更可能です。この場合は、必要ポイント数に差額が生じる場合でも調整は行われません。


予約変更した場合のポイントについて

DOマイルをお得に貯める

エアドゥではDOマイルと呼ばれるポイントサービス、一般的な航空会社で言うところのマイレージサービスを実施しています。これは、航空券の購入金額100円について1ポイントがたまり、1200ポイントから2000ポイントで片道の特典航空券と引き換えられるというものです。必要なポイント数は路線によって、また同じ路線でも時期によって異なります。例えば札幌と東京間であれば、ローシーズンは1400ポイント、レギュラーシーズンは1600ポイント、ハイシーズンは1800ポイントが必要になります。

予約変更した場合でも、あくまでも航空券の購入金額100円あたり1ポイントが貯まるというのは変わりません。ただし、実際にポイントが積算されるのは航空券の購入日ではなくて搭乗日の翌日となることに注意が必要です。これは、とくにこのポイントの有効期限を考えた場合に重要になってくることがあります。

ポイントの有効期限をしっかり把握しよう

ポイントの有効期限ですが、最終搭乗日の翌日から2年間、つまり、最終搭乗日の2年後の同じ日までとなっています。その間に搭乗があればポイントの有効期限はまた2年間延長されるわけで、2年に一度以上搭乗する限りはいつまでも失効しないという嬉しいサービスです。JALやANAではこのような有効期限の延長というサービスは基本的にありません。

ここで、例えば2016年10月1日に搭乗したとしましょう。すると、2016年10月2日にポイントがつき、その有効期間は2018年10月1日までとなります。次の搭乗を2018年9月20日に予定していて、航空券を2018年9月10日に購入していたとしますと、この搭乗分のポイントがつくのは航空券を購入した9月10日ではなく搭乗日の翌日の9月21日です。2018年9月21日は元のポイントの有効期間内ですから、元のポイントも含めて有効期間が延長され、新たな有効期間は2020年9月20日までとなるわけです。

ところがここで2018年9月20日の搭乗予定が変更になり、2018年10月1日の便に予約変更したとしましょう。この搭乗分のポイントがつくのは搭乗翌日の2018年10月2日です。この日は残念ながら元のポイントの有効期間を過ぎてしまっています。ということで元のポイントは失効してしまい、2018年10月1日に搭乗した分についてのみ2018年10月2日にポイントが付与され、その有効期間は2020年10月1日までとなるわけです。


エアドゥが遅延、欠航した場合の予約変更や払い戻しは?

飛行機が欠航!?そうなった場合の払い戻しはできる?

エアドゥが遅延、欠航した場合の予約変更や払い戻しについて紹介しましょう。
悪天候などにより遅延、欠航が発生した場合、どうするかについては2つのケースに分かれるでしょう。一つは後続の便への振り替えつまり予約変更を希望するケース、

もう一つは旅行そのものを取りやめるケースです。それぞれのケースについて説明します。
まず、後続便への振り替えを希望する場合ですが、希望する便を予約してください。予約はインターネットや予約センター、もちろん空港カウンターでも行えます。

後続便とはその日のうちである必要はありません。変更ができない航空券であっても、30日以内であればどの便にでも振り替えることが可能です。なお、変更可能な航空券で、有効期間が30日よりも長い場合は、その期間内であればもちろん振り替えが可能です。
手数料は一切かかりません。変更後の運賃のほうが高い場合でも差額は不要ですし、逆に、変更可能な航空券を持っていて変更後の運賃のほうが安い場合は差額は払い戻されます。

払い戻しは購入した場所で可能

一方、払い戻しを希望する場合は10日以内に手続きをする必要があります。基本的には購入した場所で払い戻し手続きが行えます。例えばインターネットで購入した航空券であればインターネットで払い戻し手続きが行えますし、予約センターで購入した航空券であれば予約センターで払い戻し手続きが行えます。空港カウンターでは全ての手続きを受け付けていますが、旅行会社で購入した場合だけは空港カウンターでは手続きはできず、その旅行会社で行う必要があります。ツアー旅行の場合はツアーコンダクターに確認するのがよいでしょう。払い戻しの場合も手数料は一切かからず、購入時の全額が払い戻されます。

なお、悪天候などエアドゥの責任によらない遅延や欠航の場合は上記の取り扱いですが、例えば機材の整備不良など、自分の責任による遅延や欠航の場合は、上の対応に加えて以下の対応もあります。それは、他社便への振り替えです。満席などの理由でエアドゥ便に振り替えができないときも、他社便へ振り替える手続きを取ってくれます。もちろん差額や手数料などは一切かかりません。

さらに、他社便も含めて振り替えを用意しても、当日中に目的地に到着できないときは、ホテルなどへの宿泊代を負担してくれます。また、たとえ当日中に目的の空港まで到着できたとしても、遅延が発生したために最終目的地までの公共交通機関がなくなってしまったような場合には、例えばタクシー代の実費を負担してくれる取り扱いもあります。


飛行機の予約と一緒に海外保険へ加入すると長期滞在でも安心

長期滞在でも安心の保険

私は語学留学としてニューヨークで長期滞在の経験があります。留学前に飛行機の予約と一緒に、留学の知識をつけようと色々調べました。そこで気になったのが旅行保険です。今まで海外旅行でも保険に入ることもなかったんですが、長期となると少し心配になります。特に病気や盗難に関しては注意がいるでしょう。
ですから、少しでも安全に留学生活を楽しむために、飛行機の予約と同時に保険に加入することにしました。保険会社はたくさんありますが、内容によって加入日数が違いますが、留学向けの長期タイプも多いです。私は保険にもしっかり入り、何事もないことを祈りながら1年間のニューヨーク生活がスタートしました。

慣れてからが要注意

ニューヨーク生活に慣れ始めた3ヶ月目頃の夜、突然の悪寒を感じました。ニューヨークの冬は確かに寒いですが、時期的にまだそれほどの寒さではありません。
温かくして早く休もうと思い、その日は予習も早めに切り上げて就寝しました。ですが、翌朝になって軽い熱を感じましたが、それほどだるくもないのでマスクを付けて学校へ行きました。それを3日ほど続けましたが、体温を計ると38.8と高熱が出てしまったのです。慣れたといえども、かかり付けの病院などはないので悩みましたが、とりあえず保険会社へ連絡しました。そこで契約の中身や現在の症状、住所を確認してもらい、一度電話は切れました。その後、コールセンターから折り返し電話がきて、日本語対応の病院の予約手配ができたと連絡をもらいました。
その病院では現金払いでなくても診察と治療ができるという案内もありました。帰国後には領収書が必要とのことなので、忘れずにメモします。

翌日、手配してもらった病院へ向かいます。自宅から徒歩5分ほどで着き、こういう配慮はありがたかったです。証券を持参して病院へ行き、そこで日本人の滞在ドクターに診察をしてもらい、薬の処方箋と診察の領収書を受け取りました。
帰りに薬局で薬をもらったのですが、これは自分で支払いました。このレシートを帰国後に保険会社へ送ることで、自己負担したものを銀行に振り込まれる仕組みです。
この後も風邪以外で体調を崩し、同じ病院へ行ったのですが、これが実費だったら結構な額を負担してしまいます。ですが、旅行保険のおかげでカバーされて良かったですし、滞在中も安心できる日々を過ごせました。些細な病気でも海外旅行中は大変なので、保険には必ず加入した方が良いと認識した体験です。


台湾旅行に備えて保険に入りました

近場の国でも保険は必須

この間、彼氏と台湾に行ってきました。海外にずっと行きたいと思っていて、仕事で長期休みがなかなか取れなくて旅行に行けるとしてもせいぜい近場の国内旅行くらいでした。学生の頃は留学なんかもしていたので海外に行っていたけど、もうここ4年くらいはご無沙汰でした。でもアジア圏とかの近場なら2泊3日でも海外に行けるかなぁ~!そう考えて台湾を行き先に決めました。

旅行代理店に行って予約をしました。その代理店は駅前にあるとっても大きなところだったので土日はお客さんがたくさん来ていて整理券を取って20分くらい待ちました。やっと順番が来て、台湾旅行のプランを紹介してもらいました。航空券、ホテル、添乗員付きツアーがついたパッケージプランですごく格安でした。海外旅行だけど普通に北海道や沖縄に行くより安そう(笑)とてもお得だったので、そのパッケージプランを申し込みました。そこで「旅行保険はどうされますか?」と提案がありました。
持ち物が盗まれたり壊れたりした時の補償や、事故やケガなどの治療費補償など様々な制度がついていました。
数日の旅行だし入らなくても大丈夫かなぁ~とも一瞬思ったのですが、海外なので油断は禁物です。それに2泊3日だけなので保険料も高くなかったので、一応入っておきました。

万全な状態で旅行を楽しむ

いよいよ出発です。お昼に出発する便だったので朝もゆっくり準備して行くことが出来ました。私の家の近くの最寄駅は空港行きの電車が直通で通っているので便利です。1時間ちょっとで空港に到着し、チェックイン手続きを済ませました。少し早めに空港に到着したので時間もたくさん余ったので免税店でお買いものしました。欲しかった財布が安くゲット出来たので嬉しかったです!そして飛行機に乗り無事に台湾に到着。
行ったのは春先だったのですが、台湾の気候は日本より暖かくて過ごしやすそうでした。バスで色々な観光地を回りました。有名な博物館やお寺に行ったり、101というタワーに登って台湾の景色を一望しました。

ご飯もおいしかったです!特に小籠包は絶品でした。物価も安くて買い物もたくさんしちゃいました。2泊3日という短い弾丸ツアーだったので、予定はキチキチだったのですがとても充実できました!特に危ない目にあったり事故やケガなど何のトラブルもなく無事に帰国することが出来たので良かったです。でも、やっぱり何かあった時のために保険には入っておくべきだと思います。


もしもの時に海外旅行保険が大切です

初めてのヨーロッパ旅行

新婚旅行は昔からヨーロッパと決めていました。まだ主人と恋人同士だった時に話していて、ヨーロッパの中でも南イタリアに行ってみたいとずっと思っていた事を打ち明けました。すると、主人も同じ事を思っていたらしく、もし結婚したら一緒に行こうという事になりました。あれから5年、やっと結婚する事に…。両親への挨拶も済ませ、結婚式の日取りも決まり、後は旅行の計画のみ。アルベロベッロの町並みが大好きでそこには絶対に行きたい!
あとは、アマルフィも素敵だしカプリ島の青の洞窟も見てみたい…色んな所に行ってみたくて計画を練るのも大変でしたが、楽しみだから何もかもが幸せ!

海外旅行には保険が必須

あと、主人に念のために「海外旅行保険」に入っておこうと言われました。始めて聞く言葉、よくわかりませんがどうやら大事な事のよう。詳しく聞くともし旅行先でケガとか病気になった場合でも補償してくれるし、携行品補償もしてくれるので海外では盗難も多いと聞くので安心なのだとか。自宅から空港い行くまでも保険の対象になるらしく、もし途中で何かあっても安心です。あと、飛行機が何かの都合で遅れてその日に行けなかった場合のホテル代とかも補償されているのだとか。10日程良好に行くので、もしもの時を考えて加入しておいた方が良いと思い契約する事に。

始めての海外だった事もあり、慎重に行動しなければと思っていたので、保険の事を聞いて安心出来ました。
保険料の支払いもコンビニやクレジットと選べるので手軽だし、私たちが加入した保険はネットでも申し込みが出来たので、色々な準備で忙しい私たちには時間がある時に出来て本当に助かりました。

そして全ての準備が終わり、後は出発の日を待つのみ。ワクワクして前の日は眠れませんでした。その分、飛行機の中で爆睡し空の旅はあっという間に終了。もう少し飛行機を堪能したかった…。ですが、ついに念願の南イタリア!!電車を乗り継いで色々な所を回りました。何と言ってもアルベロベッロは最高でした。おとぎ話に出てきそうな街並みで、どこもかわいすぎる!天気も快晴だったので、青い空と白い街並みが本当に綺麗。
写真も撮りまくって最高の思い出になりました。

あと、ご飯も最高に美味しかったです。この旅行で主人と私は3kg太り日本に帰ってからダイエットするはめに(笑)でも楽しかったから何でも良し!!本当に本当に念願だった南イタリア。今度は主人が行きたがってるバリにも行ってみたいな、と考えています。その時にも旅行保険を忘れずに付けて楽しみたいです。


以前の失敗談をもとに保険に加入しました

海外旅行で保険に入らなかった事で失敗しました

私は海外旅行に行く時、保険加入していなかったことで失敗しました・・・。頻繁に海外旅行するのに「なんで保険に入っておかなかったの?」と友人にも言われてしまいました。よく財布やパスポートを盗難されたり、空港にスーツケースを預けたら破損して返ってきたよ~なんて話を聞きます。
私の場合は、ハワイに会社仲間と行った時怪我をしてしまったんです。
5日間の滞在で初日から雨続きだったハワイ。

ビーチ以外で遊ぶことを考えてなかった私たちは、1日ホテルの中で過ごしたこともありました。でも、なんとか帰国前日奇跡的に快晴になり、勢いよくビーチに出かけて行ったのですハワイと言ったらサーフィン!ということでボードをレンタルして海に飛び込みました。
サーフィンなんてしたことなかったので見よう見まねで挑戦です!ちょうど同僚が波の上に乗っているときに、ビッグウェーブがきて転倒してしまいました。
そしてそのボードの端が私の太股に直撃!

ケガをしてから・・・

「痛い!!」と思わず叫んでしまったけど、実際怪我は大したこと無かったんですが・・・。心配した同僚がどうしても医者に診てもらった方がいいということで仕方なく受診したんです。かすり傷程度だったので、治療費もそんなにかからないだろうと思っていたら思わぬ請求額が!
中には現地で多額の請求をされることがあるようで、私はまんまとそれにハマってしまったようでした。怪我は大したことがなくてよかったけど、無保険だったことが痛手となりました。
なので今回は旅行保険に入ることを迷わず選択したんです。
保険内容も、傷害保険、航空機遅延のための保険、携行品損害保険など本当にたくさんの保険があります。たくさん入っておけば安心だけど、言ってみれば何も起こらなければ意味のない出費です。過去の失敗談から、突然の怪我や病気に対応できる保険に加入することにしました。滞在期間は少々長めだけど、万が一のためなので一番安い加入プランを選択。

インターネットで海外保険に入ろう

ネットで予約する場合は出発の60日前から予約が可能です。支払いはクレジットで一括払いになっていました。予約もしたしあとは怪我なく帰国できますように!と旅行までの期間は自分の体に呼びかけていました。そして先日海外旅行から無事に帰国することができました。
ちょっと治安の悪い土地だったので盗難にはかなり気を使ったけど、怪我や病気にもかからず元気に帰ってくることができました。
今回は、保険に加入していたお陰でアクティブな体験もバンバンできたので悔いはありません!


旅行会社での予約時に旅行保険に加入しておいて良かった

旅行の保険をもっと知ろう

友人と二人でオーストラリアに行きました。今回は旅行会社に旅行予約申し込んだのですが、その時に旅行保険の加入を勧められたのです。私は飛行機に乗る機会が少ないので、旅行で保険があることは知りませんでした。友人もあまり保険のことを知らない雰囲気で、正直入るか悩みました。私たちはまだ学生の身分なので、払い続ける自信がなかったからです。

ですが、旅行会社の方からいろいろな説明をしてもらいました。旅行保険では病気やけがだけではなく、窃盗や家を空けている間の犯罪なども負担してくれるみたいです。
私は実家暮らしなので窃盗の心配はなくても、友人は一人暮らしなので少し気になりますね。ちなみに今回は約1週間の旅行となっています。
不慣れの現地での治安、そしてその間に飽きっぱなしの家に不安はあります。予備としてもあった方が良いと思い、旅行会社を通して保険会社との契約を結びました。
最初はいらないかもと思いましたが、契約したらしたで安心感があります。

現地での観光

旅行先の現地では日本人ガイドさんが付きます。オーストラリアに在住のガイドさんらしく、いろいろな観光スポットに案内してもらいました。英語が不慣れなので、いろいろ対応してもらえたのも良かったです。
グレートバリアリーフではリゾート気分を味わったのも楽しかったのですが、私はコアラを抱っこできたのが一番の思い出です。おとなしくてとても可愛かったです。
ちなみに、抱っこできるのは州によって違うということも初めて知りました。あと、以外にワイナリーは多いですね。今まであまりイメージなかったのですが、ワインも美味しかったです。

保険会社へすぐに連絡を

楽しい旅行だったのですが、後半に差しかかって私は急にお腹が痛み、そして嘔吐に見舞われました。友人がガイドさんから指示を受け、保険会社に連絡し、そこから病院を手配してもらいました。すぐに予約した病院に行くと、食中毒による軽い胃腸炎という診断。自分だけあたってしまったみたいです。お薬をもらい、診察料と薬をもらってホテルへ帰宅し、この日は安静でした。軽い胃腸炎だったので病状はすぐに回復したのですが、帰国日まで観光はお預けで、友人とゆっくり過ごしました。

もっと楽しみたかったけど、いろいろな話ができて、もっと仲良しになれた気がします。
帰国後は診断書と保険金の申請書、そして領収書を保険会社に送ります。そして、約2週間後に現地で支払った金額と、交通費を含めたお金が振り込まれていたのです。
交通費はわずかな金額だったのですが、今となれば保険に入って良かったと思っています。